イベント

昭島市民くじら祭夢花火2018の見どころや穴場・混雑状況を紹介!

東京の昭島で巨大クジラと花火がコラボする一大イベント。

それが「昭島市民くじら祭 夢花火」ですね!


そんな、昭島市の夏を盛り上げてくれるくじら祭が2018年も開催されますので、穴場スポットや見どころ、駐車場などのオススメ情報を紹介していきたいと思います。
 

開催日程と場所


大会名称 昭島市民くじら祭 夢花火
開催日時 8月4日(土)20:00〜20:30
(荒天の場合は6日に延期)
開催場所 昭和公園陸上競技場
※おすすめの穴場お伝えします!
打上げ数 約2000発
公式HP 昭島市商工会

打ち上げ数こそ少ないのですが、は見に来るカップルや家族連れでいっぱいになります。

昨年の人出は約4万5000人

花火以外のイベント目的の人たちも多く来られるので、お昼頃から既に混雑気味になってきます。

その分、見どころはたくさんありますので、グループで来られる場合は、集合ポイントを決めて各自で好きなところに行く方法なら、迷子にならないでしょう。

では、花火を含めた各イベントの見どころを紹介していきたいと思います。

昭島市民くじら祭の見どころ


約160年前にここ昭島でクジラの化石が発見され、その伝統を記念する形でお祭りが開催されるようになったようです。

もう半世紀近く前から毎年続く、昭島市の伝統行事になっているんですね!

2日間にわたって開催されますが、花火の打ち上げは初日に行われるので、間違えないように気をつけてください。

メインステージではヒーローショーも!


5日〜6日の両日とも、メインステージで様々なショーや演目が披露されるので、家族連れで見に行くにはピッタリです。

地元の学生や大人の方々も、出演者としてステージに上がるので、お知り合いがいれば応援しに行きましょう〜

他にも、屋台やゲームコーナー、体験型イベントが用意されているので、いろいろ見て回れば時間はあっという間。

子供から大人まで楽しめるので、会場内で充実した1日が過ごせると思います。

夢花火のスターマイン


20時からは夜の昭島を彩る、夢花火が打ち上げれます。

大きな花火大会ほどではありませんが、打ち上げ会場のすぐ近くで見られるので迫力は大きいです!

最初のスターマインは外せないので、それまでには場所取りをしておきましょう。

8月6日のパレード


6日はイベント名でもある「くじらパレード」が見どころです。

開催時間は夕方16時〜17時45分で、以下のコースをゆっくり進んでいきます。

  • ①昭島駅南口
  • ②あいぽっく
  • ③市民交流センター
  • ④昭和公園

巨大クジラのマスコットと一緒に鼓笛隊の演奏が近づいてくるので、一度は見に行ってみたいですね。
 

昭島市民くじら祭 夢花火のおすすめ穴場スポット


メイン会場となる「ネッツ多摩昭島スタジアム」のグラウンドが開けていて、ほとんどの人たちがここにシートを敷いて見るようになります。

花火に対して障害物もなく平地なので、みんな平等に花火の迫力を楽しめるので間違いないですね。

でも、「もっと静かなところで見たい」ということでしたら、次の場所がおすすめです。

八清公園


昭和公園から通り沿いを西に進んで、五差路を斜め左に行くと見えてくる「八清公園」が、喧騒を離れて落ち着ける場所になります。

地元のお祭りもできるくらいスペースは広いので、そこまで混雑することはないでしょう。



アクセスと混雑状況

夢花火が打ち上げられる為、19時45分〜21時まで交通規制される区間があります。

なので、この時間帯は混雑もピークを迎えるはずです。

昭島市ホームページ

以下、車両進入禁止の詳細情報です。

  • ①昭和公園側(南側)の歩道は立ち入り禁止
  • ②ネッツ多摩昭島スタジアム(昭島市民球場)周辺は終日立入禁止
  • ③東小学校側の歩道橋は午後7時40分から8時30分は使用禁止

車来られないようにアナウンスがありましたが、確かにどこにも止められないですね(^^;

駅は目の前なのに渋滞にハマるほどストレスが溜まることはないので、もし車を利用される場合は、最寄駅から離れた駐車場に止めた方が良いです。

おすすめは電車

会場となる昭和公園陸上競技場までは、JR青梅線「東中神駅」から徒歩5分なので、電車を利用することをおすすめします。

とはいえ、4万人以上が見に来るわけですので、帰宅ラッシュで電車が超満員になる時間帯は避けたいところ。

ラッシュが引くまでは、近くにファミレスなら「ココス」、居酒屋なら「千年の宴」や「やるき茶屋」などがありますので、休憩がてらに利用できそうですね。

まとめ

昭島の市民に愛されるイベント「昭島市民くじら祭 夢花火」について紹介させていただきました。

花火はイベントの中の一つなので、規模はそこまで大きくはありませんが、打ち上げ会場から間近で見れるので迫力のスゴさはあります!

いろいろなお店や屋台もあるので、当日は思いっきり楽しんじゃいましょう!

関連記事

  1. お花見

    【藤の花】2017関東の日帰りおすすめ名所7選!イベントや見どころ紹介

    季節は初夏を迎える頃、しだれ咲く藤の花が通りすがりの人たちの歩を緩め、…

  2. イベント

    イナズマロックフェス2018のおすすめの服装コーデと持ち物を紹介

    イナズマロックフェスで音楽との一体感を!TMR・西川貴教さん主…

  3. イベント

    2018年の父の日はいつ?由来と贈る花おすすめ5選を紹介!

    GW中の「こどもの日」からの「母の日」とイベント続きの5月。子…

  4. イベント

    長岡花火大会2018の日程と有料席や穴場スポット7選を紹介

    日本の夏を象徴する花火大会が、もうすぐ全国各地で開催されますね!…

  5. イベント

    父の日は何をすると喜ばれるの?プレゼントの種類のおすすめ5選

    母の日と続き、毎年6月の第3日曜日は「父の日」と定められていますが、世…

  6. イベント

    成田花火大会2018の有料席チケットや駐車場と穴場4選を紹介

    のどかな田園風景が一夜だけ極彩色のヴェールに包まれる日外灯もま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. イベント(冬)

    カレッタ汐留イルミネーション2018のデートプランと混雑状況は?
  2. こどもの日

    こどもの日の由来は?子供向けの教え方を分かり易く紹介!
  3. イベント

    江戸川花火大会2018の日程と場所取り時間や穴場スポット5選
  4. お花見

    目黒川の2017夜桜ライトアップ時間は?混雑時は出店屋台が人気
  5. イベント

    岡山花火大会2018の見どころやおすすめ穴場7選と駐車場を紹介
PAGE TOP