イベント

成田花火大会2018の有料席チケットや駐車場と穴場4選を紹介

のどかな田園風景が一夜だけ極彩色のヴェールに包まれる日

外灯もまばらな闇夜が一瞬の閃光とともにカーニバルな世界に切り替わる。

そんな光景が目の前に広がった日には、普段クールで感情の起伏を表に出さない方でも、「うぉっ!」って興奮した表情が露わになることが期待できるかも(笑)

その日常から遥か遠ざかった一大イベント、それがつまり成田花火大会別名「2018 NARITA花火大会 in 印旛沼 11th」なわけで、成田市印旛沼で開催される秋の風物詩とも言えましょう。


言い方はアレですが、印旛沼という殺風景な地を会場にしたのも、花火とのギャップを際立たせる為ということなんでしょうか・・・

結果オーライにしても、都心部の花火大会とは一味違う、田園の平地を大いに活かした見応えを感じることでしょう。

きっと、印西市在住の地元の方は、「今年も我が庭に華やぐ早咲きの菊がキレイね~」くらいの身近さかと思います。

ただ、「ぶっちゃけ成田空港しか知らん・・・」という方のなかには成田花火大会攻略ブックが欲しいくらい土地勘に不安を覚えていらっしゃるのではないでしょうか?

特に、行き帰りのアクセスや観覧スポットについては、モロ地域特性があるので事前情報をいかに仕入れるかで、心持ちがだいぶ変わってくるはずです。

なので今回の記事では、成田花火大会2018の日程見どころ有料席チケット情報無料観覧席・穴場スポット4選、そしておすすめ駐車場・アクセス渋滞・混雑状況について、それぞれご紹介していきたいと思います。
 

成田花火大会2018の日程と見どころ

大会名 2018 NARITA花火大会 in 印旛沼
開催
日時
2018年10月 日(土)19:00~20:30
(荒天の場合は延期)
開催
場所
成田ニュータウンスポーツ広場
※おすすめの穴場お伝えします!
打上げ
約1万発
公式HP ホームページ
はなのき台までのルート
乗車停留所 JR成田駅西口
路線バス 加良部線
行き先 はなのき台行
下車停留所 はなのき台
乗車時間 12分
運賃 230円

※JR成田駅発(はなのき台行)の時刻表はコチラをご確認ください。

見渡す限りの田んぼは、都会の喧騒による耳鳴りが治まる予感がするくらい穏やかでしょうね(当日は人混みでそれを感じられるか保障はしませんが・・・)

会場周辺は、もともとは印旛沼という沼地で、地盤の関係上ビル建設は控えられているようです。

そのため見晴らしも良く、市街地中心の河川敷などで行われる花火大会とは一味違ったプログラムが期待できそうですね。

では早速、成田花火大会の見どころ3選をご紹介していきたいと思います。

 

成田花火大会の見どころ3点

2010年に【グッドデザイン賞】を受賞し一躍脚光を浴び、打ち上げ数約1万発に達する大型イベントとして、毎年豊富な演目とパフォーマンスで盛り上がりを見せています。

そのなかで、「ただ観覧席で見てるだけに留まらない」という成田花火大会を象徴する様々な演目が面白さを引き立ててくれてます。

では、その画期的な演目を含めた見どころ3選をご紹介しますね。

    ■ 見どころ1:【花火 de BINGO】で景品ゲット!
    narita_bingo出典:2015 NARITA 花火大会in印旛沼 -2 動画編

    見てるだけでも楽しいものですが、成田花火大会の運営側のアイデアなのか、「花火の絵柄を“数字”代わりにビンゴゲームをやろう」という演目がチョイスされ、観客参加型と称し今や大会の中心核の演目ともなる【花火 de BINGO】が人気を呼んでいます。

    参加方法は、1枚200円のビンゴカードを会場で購入し、ビンゴになった方は帰りに会場内で景品と交換できる流れになります。

    是非、大会の一座興として楽しんではいかがでしょうか?

    ■ 見どころ2:【花火と自分だけの世界観】で脳内はライブ会場に!
    narita_smartphone出典:prican

    こちらも画期的なアイデアの一つで、お持ちのスマートフォンを会場内に設置されたWi-Fiに繋ぐと花火の演目と連動しながら、上質音響のBGMと楽しい花火の解説が流れ出し、臨場感MAXで花火との一体感に浸ることができます。

    これも文明の利器が成し得る花火大会の楽しみ方として、是非お試しあれ~(笑)

    ■ 見どころ3:【花火バトル】の投票権はあなたに!
    narita_banabiBatlle出典:ウレぴあ総研

    同じくスマートフォンを使用して、大会屈指の花火師が打ち上げる花火に、個別投票することで勝敗を決する【花火バトル】で会場内もヒートアップ。

    「Special High Perfomance」と称する演目で、きっと他で見ることのできない斬新な花火を目に収められ、成田花火大会が全国レベルであることが腑に落ちる一幕となるでしょう。

    他にも、オープニングから特大インパクトを与えられる、4部構成の【花火ファンタジア】や、「錦冠」と「銀色冠」による金銀交えた花火【NARITA黄金伝説プログラム】がラストを飾り、どの演目をカットしても充実した満腹御礼の内容となっています。

    また、以上の演目から分かるように、スマートフォン使用率が非常に高い為、モバイルバッテリーは必須品となりますので、お忘れのないように。

従来の花火大会のイメージを変革させる勢いを見せる成田花火大会。

見どころ十分ということが分かったところで、次に「どこで見るべきか?」が課題となってきますね~。

それでは、まず来場する多数の方が狙うであろう【有料席チケット】情報に迫っていきたい思います。

成田花火大会2018のおすすめ有料席チケット

kounosu_paySeat_pht

動員数12万人という人で、成田の田園が埋め尽くされる異色な光景。

想像するだけでも息苦しくなっちゃますね。。(笑)

ただその中でも、一握りの方がいわゆる【有料席チケット】を入手することができ、特別スポットで優雅に花火大会の各演目を堪能できるわけです。

「そりゃ、どんだけVIPな人間だよ・・・」

いえいえ、その対象者は他でもない我々一般客。

誰でもその権利はありますので、どうかご安心を。

ただ、先着順という関係上、人気有料席のチケットは即完売される為、販売開始時間5分前にはパソコンやスマホ前でスタンバイしておくのが吉ですね。

■ 有料席チケット販売開始日時

2018年8月1日(月)午前0時~

それでは、有料席(桟敷席・椅子席)の配置はどうなっているのか、会場マップと合わせてザッと見ていきましょう。

■ 有料席会場マップ
narita_payseat出典:NARITA HANABI11 公式HP(↑クリックすると拡大します)

■ 有料席チケットの種類

有料席の種類
価格(税込)
詳細
SS会場 25,000円/大人4名 指定区画席
S会場 18,000円/大人4名 指定区画席
A会場 12,000円/大人4名 指定区画席
A会場 3,500円/大人1名 椅子自由席(パイプ椅子)
B会場 7,000円/大人4名 自由区画席(区画振分けなしの為、当日先着順に場所確保可)
C会場 5,000円/大人4名 自由区画席(区画振分けなしの為、当日先着順に場所確保可。椅子持込み可

※注意事項※
入金後はキャンセル不可となり、悪天候で中止の場合でも返金されませんので、あらかじめご了承ください。

では、席の内訳が分かったところで、有料席チケットの購入方法をご紹介していきますね。

    ■ 有料席チケットの購入(お申込み)方法
    まず、有料席チケット(=協賛席)のお申込みをする前に、コチラの注意事項に同意が必須となりますので、必ず目を通しておきましょう!
     ■【公式HP お申込みフォーム】からのお申し込みはコチラです。
     ■【チケットぴあ】からのお申し込みはコチラです。
     ■【CNプライガイド】からのお申し込みはコチラです。
     ■【セブンイレブン】からのお申し込みは店内マルチコピー機「セブンチケット」で購入する流れになります。

無事、有料席チケットを購入された方は、念のため花火大会当日の会場着席時までの流れをザッと把握しておきましょう。

    ■ 有料席会場への入場方法
    1、有料席チケット(引換券)を持参
    2、できれば開場時間の16:00までに到着
    3、開場後、各有料席会場入口の受付で
    引換券をリストバンドと交換

さらに、会場入りするまでになるべく負担軽減ができる情報を載せておきますね。

    ■ 知っ得まめ情報
    ・自由区画席B・C会場は、開場時間が近づくにつれ列も長蛇をなしてくるので、できれば14時~15時頃には到着しておくのがおすすめです。

    ・椅子不可の桟敷席でも待ち時間内であれば、100均の折り畳み椅子など持参の上、打ち上げ時間まで腰掛けて待っているのが楽でしょう。

    B会場の前方はネットフェンスが目の前にあり、花火に被って気になる方は、席の前後で花火の遠近度はさほど変わらない為、特にこだわりがなければ後方でも問題ありません。

    ・区画席は(指定・自由ともに)桟敷席が用意されていますが、汚れが心配な方はレジャーシートの持参をおすすめします。

    ・もし、チケットが当日までに完売されなかった場合、当日会場にて残りのチケットが販売されるので、昼過ぎ頃までに行けばチケット購入の可能性もあるかもしれません。

以上が有料席購入から座席入りまでの流れになります。

これだけ事前情報があれば、有料席の申込みを逃すこともないと思われます。

ただ、実際12万人もの動員見込みがあることを考えると、有料席会場に入れる人数は全体の2%くらい。

年々動員数が増えている現状から、今年もなかなかシビアな有料席チケット争奪戦になる予感。

「もし、有料席が取れなかったら今年は見に行くのを断念するか・・・」

落胆するお気持ちはお察ししますが、花火大会は有料席が全てというわけではありません!

毎年、有料観覧席以外の方は、運営側が用意する無料観覧席や地元で人気のおすすめ穴場スポットで盛大に楽しんでいます。

なので、有料席チケットを逃した方、または「そこそこ花火が見える位置なら特にこだわりはない」という方は、次の無料観覧席情報とおすすめ穴場スポットを参考にして頂ければと思います。
 

成田花火大会の無料観覧席とおすすめ穴場スポット4選

narita_freeSeat_pht-vert

最初に無料観覧席について詳細を確認していきましょう。

有料席を中心に左右2箇所に分かれて設けられていますので、それぞれのメリット・デメリットを比較検討してみてください。
(※マップ上の位置でそれぞれ観覧可能です)
narita_freeSeat01

無料観覧席
メリット
デメリット
①マップの有料席上方
(印旛沼側)
打ち上げ場所から近い分、BGMのボリュームと花火の迫力は申し分なし 斜めからのアングルなのでワイドスターマインは多少狭まって見える。
②マップの有料席下方
(成田駅側)
ほぼ正面アングルなので花火の全景を視界に納められる 有料席の後方位置なので、多少迫力感は落ちる(でも僅かな違いです)。

有料席同様に開場時間は16時を予定していますので、遅くても2時間前の14時頃から並んでおけば、場所取り自体は問題なくできるでしょう。

「でも、会場周辺は今大会で一番の混雑スポットだからな・・・もう少し落ち着いたところが良い」

たしかに、無料観覧席はチケット制でない分、有料席付近より混雑する可能性はあります。

場所取りと帰りの混雑は体力と精神力が必要なので、「本当に人混みが苦手だ!」という方にとってはかなりキツい状況になると思います。

そんな方は、次のおすすめ穴場スポットも候補に含めてはいかがでしょうか?

 

穴場1:ボンベルタ屋上駐車場

narita_bonberuda

イオングループのショッピングセンターで、花火大会当日は屋上駐車場が観覧場所として提供されています。

会場から離れている為、打ち上げ時のBGMは聞こえず、低めの花火は見えないという条件ですが、その代わり買出しも楽で、トイレも完備されている為、ゆったりと観覧したい方にはおすすめです。

アクセスは断然成田駅(京成成田駅)発のバスで来るのがおすすめで、当日は臨時バスが増発されるので、行きは15時頃までに成田駅を出発すれば渋滞に飲まれることはないでしょう。

駐車場が空いていれば車でも来られますが、当日はものすごい渋滞が予想されます。

特に帰りは会場からの人出もあり、身動き取れない状態が続くことを覚悟しなければなりませんので、あらかじめご了承ください。

■ ボンベルタまでのルート
乗車停留所
路線バス
行き先
下車停留所
乗車時間
運賃
JR成田駅西口 吾妻線 成田湯川駅行 成田ニュータウン
ボンベルタ
5分
160円
京成成田駅 八代線 成田ニュータウン
ボンベルタ行
14分
280円
JR成田駅西口 中央通り線 成田湯川駅行 成田郵便局前
5分
160円
成田湯川駅 中央通り線 JR成田駅行
7分
230円

※JR成田駅発(はなのき台行)の時刻表はコチラをご確認ください。

※尚、当日はボンベルタでのお買い上げ金額により屋上観覧席の整理券が配布される可能性がありますので、下限金額の公表がされ次第、詳細を追加していきます。

 

穴場2:赤坂公園

narita_akasaka
出典:itot

こちらはボンベルタの向かい側の船塚古墳や遺跡が保全されている公園で、その小山になっている場所が穴場の観覧スポットになります。

ボンベルタが近いので買出しもスムーズにでき、トイレも完備されている為、家族連れでゆったり見たい場合はおすすめです。

園内には駐車場が設置されていますが、当日はボンベルタ同様に尋常でない混雑模様の為、JR成田駅からボンベルタ停留所までバスでお越しになるのが無難でしょう。

※駐車場:普通車17台

 

穴場3:市井橋付近

narita_ichiiBridge

印西市山田在住の方に知られる、隠れた穴場スポット。

市井橋は外観色が赤いので、遠目からも発見しやすいでしょう。

周りが林のように木が生い茂っているので夜は暗く、懐中電灯は必須品となります。

最寄は成田スカイアクセスの印旛日本医大駅ですが、徒歩1時間ほどかかる為、足腰に自身のない場合は控えた方が良いでしょう(笑)

 

穴場4:ウニクス成田店

narita_unikusu

地元の方御用達スーパーマーケットで、当日は2,000円以上の同店レシートを提示すると、2階駐車場での観覧ができます。

ここまで来ると周辺には見渡す限りの田園で高い建物もない為、打ち上げ会場まで全景が一望できる穴場スポットになります。

もちろん駐車場はありますが、当日は午前中には既に満車になっている可能性があり、道行く人でかなりの混雑が予想されます。

おすすめアクセスは何といってもバスに限りますね~。

当日は臨時バスが増発されるので、行きは15時頃までに成田駅を出発すれば渋滞に飲まれることはなく、帰りはウニクスから「はなのき台」停留所まで近いので、終了間際に出ておけば長蛇の列に並ぶ心配はないでしょう。

■はなのき台までのルート
乗車停留所
路線バス
行き先
下車停留所
乗車時間
運賃
JR成田駅西口 加良部線 はなのき台行 はなのき台
12分
230円

※JR成田駅発(はなのき台行)の時刻表はコチラをご確認ください。

成田花火大会2018の駐車場情報とおすすめアクセス

まずは最寄の【はなのき台】バス停から会場までの徒歩アクセス(画像付き)をご紹介しますね。

narita_hananokidai01-tile※本ページの【成田花火大会2016の日程・見どころ】に戻る場合はコチラをクリック!

ちなみに、行きは【はなのき台】に16時までの到着を目安にしていれば、ギリギリ渋滞には捕まらないかもしれません。

ただ、年々動員数が増えていっているので、それより早い到着時間をおすすめします。

帰りのバスは一斉退場の為、混雑は最高潮を向かえます。

それゆえ万が一、帰りのバスの乗車を断念する場合は、JR成田駅もしくは成田湯川駅まで徒歩で向かう可能性も考えておきましょう。

会場~各最寄駅までの距離と時間はこんな感じです。

    ・会場~JR成田駅:徒歩50分~1時間20分(4km)
    ・会場~成田湯川駅:徒歩50分~1時間20分(4km)
    ※両駅ともほぼ同じ距離感ですね。

JR成田駅~はなのき台(他停留所含む)までのバスルートはコチラよりご確認ください。

では次に、渋滞など気にしない!って方へ、おすすめ駐車場をご紹介していきたいと思います。

 

おすすめ駐車場はどこ?

kounosu_parking

おすすめしない交通機関、堂々第1位は車だといわれるのは、単純に混雑するからではありません。

打ち上げ会場が市街地にある河川敷なら、わき道・ぬけ道・大通りと言った、様々なルートを駆使して何とか渋滞を最小限に食い止める手段があります。

一方、成田花火大会の会場は田んぼのド真ん中。

片側車線の道路が延々と続き、ここで留まったが最後、逃げ道ゼロでヘタしなくても徒歩より遅いペースが期待されます。

そういう観点から、大会運営側も会場周辺に駐車場を設けなかったのでしょうね。

ですが、それぞれ事情もあるなかで、どうしても車利用は避けられない場合は、次の駐車場でご検討ください。

    NPC24H京成成田駅前パーキング

  • 駐車時間|24時間
  • 駐車台数|410台
  • 駐車料金|1000円/8時~22時
  • 住所|千葉県成田市花崎町912
  • TEL|0120-48-0015

東関東自動車道富里ICより7Km/10分の場所にあります。
それから、パーク&ライド方式で【駐車後~バス~徒歩~会場着】という流れをとることになります。

※交通規制の最新情報は公され次第、本記事に追加していきます。

まとめ

成田花火大会の過ごし方について、なんとなく掴んでもらえましたでしょうか。

秋も中盤に差し掛かる10月ともなれば、夜はかなり冷え込むことが予想されます。

花火大会=夏のイベントという意識が刷り込まれているのか、涼しそうな浴衣で来られる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、やはり夜は長いので風邪を引かないよう、防寒用の上着はもちろん、膝掛けなども用意しておきたいですね。

それに、歩く時間も長めなので、履物も露出度の少ないスニーカーなど、動きやすい靴であれば問題ないでしょう。

夏とは異なる仕様の為、分かっているつもりが「つい、うっかり!」ってこともありますからね~。

今一度、ここまでの内容をまとめて振り返り、それぞれのプランに合った準備を進めて頂ければと思います。

    ■ 第11回 成田花火大会

  • 開催日時|10月 日(土) 19:00~20:30
  • 開催場所|成田ニュータウンスポーツ広場
  • 動員数|約12万人
  • 打ち上げ総数|約1万発
    今大会の見どころ3選

  • 【花火 de BINGO】で景品ゲット!
  • 【花火と自分だけの世界観】で脳内はライブ会場に!
  • 【花火バトル】の投票権はあなたに!
  • モバイルバッテリーは必須品!

有料席の種類
価格(税込)
詳細
SS会場 25,000円/大人4名 指定区画席
S会場 18,000円/大人4名 指定区画席
A会場 12,000円/大人4名 指定区画席
A会場 3,500円/大人1名 椅子自由席(パイプ椅子)
B会場 7,000円/大人4名 自由区画席(区画振分けなしの為、当日先着順に場所確保可)
C会場 5,000円/大人4名 自由区画席(区画振分けなしの為、当日先着順に場所確保可。椅子持込み可
    穴場スポット4選

  • ボンベルタ屋上駐車場
  • 赤坂公園
  • 市井橋付近
  • ウニクス成田店
はなのき台までのルート
乗車停留所
路線バス
行き先
下車停留所
乗車時間
運賃
JR成田駅西口 加良部線 はなのき台行 はなのき台
12分
230円

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました^^

関連記事

  1. イベント

    江戸川花火大会2018の日程と場所取り時間や穴場スポット5選

    夏の風物詩と名高い花火大会ラッシュがやってきましたね。毎年全国…

  2. イベント

    江東区花火大会の穴場スポットとトイレを紹介!買い出しも困らない!

    東京の荒川河口付近で大輪を咲かせる夏の風物詩。それが毎年平日に…

  3. イベント

    鴻巣花火大会2018の有料席やおすすめ穴場5選と駐車場を紹介

    中秋の名花火が心に染渡る・・・涼風がシャツを通り過ぎる季節とな…

  4. お花見

    【亀戸天神】2017藤まつりの開花状況とライトアップや見頃を紹介

    桜のお花見シーズンが名残惜しくも去っていくと同時に、開花を待ち遠しくし…

  5. イベント

    オレンジデー2017で貰って嬉しい彼氏・彼女への人気プレゼント5選

    2月14日は女性がチョコに思いを託し好きな男性に告白する「バレンタイン…

  6. イベント

    根津神社つつじ祭り2017の混雑状況と見頃やライトアップについて

    桜の季節が終わりを迎える時同じくして、都会のある一角では色鮮やかな花園…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. イベント

    根津神社つつじ祭り2017の混雑状況と見頃やライトアップについて
  2. イベント

    父の日に靴下をプレゼント!おすすめ人気10選を紹介
  3. お花見

    【藤の花】2017関東の日帰りおすすめ名所7選!イベントや見どころ紹介
  4. イベント

    父の日は何をすると喜ばれるの?プレゼントの種類のおすすめ5選
  5. イベント(冬)

    東京ミチテラス2018のクリスマスおすすめデートプランと混雑は?
PAGE TOP