イベント

錦帯橋花火大会2018の日程とオススメ駐車場や穴場3選を紹介

夏の匂いといえば、あなたは何を想像しますか?

海風や蚊取線香などの香しいものから、
シーブリーズや制汗スプレーの爽快な香りなど、
様々な思い出や情景が脳裏を過ぎることでしょう。

そして、忘れるはずも無いのが、そう・・・

花火ですね~。

音とビジュアルが煙の匂いと折り重なり、いつの時代も人々の心を惹きつけて止まない。

そんな魅力を備えた、まさに夏の代名詞にふさわしいシロモノと言えるでしょう。

さて、今年も全国津々浦々で花火大会が開催されます。

山口県最東部に位置する岩国では、夏最大のイベントである「錦川水の祭典」

イベントの後半はメインとなる錦帯橋花火大会で会場も最高潮に!

さすが日本三名橋の1つ。

ここの打ち上げ場所は、カメラ愛好家の間でも人気の撮影スポットとして有名ですからね~。


ご覧の通り、錦帯橋とその後ろで放たれる6000発の花火が川面に映える情景は、もはやカメラのシャッターを押すのも忘れてしまうほどですね(笑)

そんな錦帯橋花火大会へ行かれる予定の方は、
開催日程・時間混雑状況、駐車場・シャトルバス情報、穴場スポット5選を紹介しますので、是非とも抑えておきましょう!

※ちなみに、以下8月の花火大会もおすすめです~↓↓

岡山花火大会2018の見どころやおすすめ穴場7選と駐車場を紹介

大曲花火大会2018の駐車場や桟敷席情報と穴場スポット10選

長岡花火大会2018の日程と有料席や穴場スポット7選を紹介
 

錦帯橋花火大会2018の日程・時間


大会名 錦帯橋花火大会
開催
日時
2018年8月4日(土)20:00〜21:30

荒天や川の増水状況により延期となります。

(詳細は発表され次第、追加してまいります)
開催
場所
錦帯橋下河原
※おすすめの穴場お伝えします!
打上げ数 6000発
公式HP ホームページ

錦帯橋花火大会2018のアクセス方法


毎年同様に錦帯橋下河原で打ち上げられます。

現地までのアクセス方法は数パターンあるので、出発地点や服装を考慮して選んでくださいね。


「川西駅」から徒歩の場合

川西駅から実際徒歩15分~20分くらいかかり、夕暮れ時といえど真夏なので汗っかきの方でなくてもタオルは必需品になりますね。

混雑状況ですが、錦川水の祭典のスタート前後で混雑ピークを迎える形となりますが、ラッシュという乗車率ではないので苦痛を感じるほどではないです。

帰りは花火大会終了後から22時くらいまでは、入場規制は掛からないものの、例年通り相当な混雑が予想されます。

混雑回避を狙う場合は、みんなが一斉帰宅する終了時間より最低でも10分早めに会場を出るのをオススメします。

※打ち上げ場所までのルート

飲み物やおつまみ系を買っておきたい場合は、途中のコンビニに寄るのも良いでしょう。

※セブンイレブン 岩国錦帯橋店

但し、混雑ピークの18時頃からはレジも列を作っている可能性があります。

なので、現地到着が混雑時になってしまう方は、出発地点もしくは会場周辺から外れた混雑影響のない場所で、あらかじめ買っておくのをオススメします。


各最寄駅からバス利用の場合

「浴衣着て行くから、現地まではなるべく歩きたくない・・・」

そんな方は、JR岩国駅からバスで行くことをオススメします。

公共のバスはもちろん、当日は有料のシャトルバスも出ているので、我先と押し合いへし合いしながらの乗車は回避できそうですね。

なので、各バスの混雑状況を見ながら乗る便を選ぶのが良いでしょう。


「岩国駅」発のバス情報

岩国駅西口のバスロータリーでは多くの路線が出ているので、目的地である「錦帯橋」を経由するバスに乗れば問題ありません。

    ■錦帯橋経由の路線バス

  • 桜ヶ丘線
  • 梅ヶ丘循環線
  • 県営黒磯線(錦帯橋経由)
  • 今津・裁判所・錦帯橋・新岩国駅・廿木線
  • 今津・裁判所・錦帯橋・新岩国駅・北河内駅線
  • 長山公園・裁判所・錦帯橋・千石原線
  • 牛野谷循環線

錦帯橋直通のシャトルバスも臨時で増発する為、通常より本数も多くなり、混雑解消に向けた体制になる予定です。

ちなみに、シャトルバスの運賃は片道250円です。

公共路線バスより運賃はお得になりますが、並びたくない場合は、来たバスから順次乗っていくのが賢明でしょう。

※岩国駅~錦帯橋の乗車時間は約20分ほど。


「新岩国駅」発のバス情報

打ち上げ場所の「錦帯橋」までは、「新岩国駅」1番乗り場のバスになります。

ただ、山陽新幹線で直接「新岩国駅」に来られる方は少なく、割合的には錦川清流線「清流新岩国駅」からバス停まで少し歩くルートになるでしょう。

岩国駅と違い「錦帯橋」経由は1路線のみの為、混雑時は何本か見送る可能性が出てきます。

※新岩国駅~錦帯橋の乗車時間は約15分ほど。
 

会場周辺の駐車場情報


花火大会では車ではなく公共の交通機関の利用を推奨していることが多く、その理由は悉く「駐車場がほぼ無い為」ならびに「渋滞に巻き込まれる為」が圧倒的に挙げられます。

それでも、マイカーで来場される方は、会場周辺の駐車場と来場時間を抑えておくことが必須です。

車でのオススメ来場時間は?

まず、車で来られる方は遅くても昼過ぎまでには会場周辺に来場することをオススメします。

午後から夕方にかけては、どこも満車御礼となると思っておいて間違いないでしょう。

さらに、18時半~23時には交通規制があり、会場周辺は駐車禁止となります。

駐車場が見つからず右往左往している間に、まさかの花火を見過ごすという悲劇は何としても避けたいところ。

会場周辺は特に暇つぶしできる施設やファミレスもなく、スタートまで時間を持て余す格好となるので、車内で楽しめるゲームなどを考えておくのが無難でしょう。

会場周辺の駐車場情報

パンフレットやHP・大手サイトには駐車場情報はほぼ掲載されていません。

設営側としては仕方ない事情ですが、やはり車での来場は混雑時には天敵となる為でしょう・・・

なので、規制の手が入らない、当日昼頃までに来場される場合に限るオススメの駐車場をご紹介します。

■オススメ駐車場1:錦城橋近辺の河川敷
kintaibashi_Park

花火観覧に来る方にとっては、最適な場所なので争奪戦になる可能性は大です。

 
■オススメ駐車場2:岩国小学校のグラウンド

電話番号:0827-41-0447
※事情により駐車容認が下りない場合もありますので、事前にご確認ください。

こうした事情からも、車で行くには劣悪条件が揃っているので、兎にも角にも覚悟を決めてアクセルを切ることを十分心得てください。

錦帯橋花火大会2018の穴場スポット3選


絶景の撮影スポットとなる錦帯橋付近の会場は、毎年のように容赦ない混雑に見舞われることは必至です。

もはやカメラの三脚を設置するのも一苦労。

待ち合わせの目印も特にないので、はぐれたら一発アウト。

なぜ名所と呼ばれるところほどカオスになるのか・・・?

この不思議な道理は解明される日が来るのか・・・?

そんな、いらぬ思案が付きまとうほど大変な混雑模様が予想・・・というか確定されます。

「せっかく来たのに、間近で見なきゃ意味無いでしょ!」

という意気込みの方は、颯爽と場所取りに熱を上げて頂ければと思います。

ただ、「混雑は避けて遠目でも落ち着いて観覧したい」

という方は、オススメの穴場スポット3選がありますのでご紹介します。

穴場1:臥龍橋の川原

garyuBridge

打ち上げ場所から南に下ったところにある臥龍橋。

ここからの眺望は障壁となるものが一切無い為、かなりのベストポジションと言えます。

シートを広げてくつろいでも良し。

橋の上から眺めても良し。

逆に人気スポットになって混雑の波がやって来るのではと、一抹の不安を隠せない前夜を過ごすことになるでしょう(笑)

 

穴場2:岩国城

iwakunijo岩国 旅の架け橋

ライトアップされた岩国城から眺める花火は格別!

地元の知る人ぞ知る、まさに穴場もとい隠れスポットといえましょう。

そう・・・山頂まで徒歩40分という条件以外を除いては(笑)

一般的にはロープウェイで山頂駅まで行き、そこから歩いて岩国城に行くコースになります。

但し、早朝のウォーキングや夜のライトアップが目的の場合は、麓の錦帯橋から歩く以外手段は無いので、まず浴衣着はオススメしません。

打ち上げ場所ほど混雑はしないので、買出しが済んだら夕方の時間を狙い、途中休憩や水分補給しながらゆっくり登って行く段取りで問題ないでしょう。

岩国城到着後はまったり錦帯橋の絶景を眺めながら、花火に癒されてください~

 

穴場3:岩徳線高架下の川原付近

iwatokuLine

「とにかく歩くのも人混みも嫌だ!」

勝負の浴衣で着飾っている方は特に、汗をかくのは極力避けたいところ。

サンダルで足を痛めてしまう可能性があるので、なるべく歩かないで済む場所が良いですよね。

川西駅から岩徳線沿いに7分ほど歩き、錦側の川原に出たところが穴場スポットになります。

打ち上げ場所からは離れているので、花火も特大という見え方ではありませんが、駅近で帰りも楽なのがポイントですね。

まとめ

以上、錦帯橋花火大会の紹介となりますが、いかがしたでしょうか?

携帯電話の電波も圏外になるくらいの人混みに、率先して飛び込むことができちゃうほど、花火大会の力ってスゴいんだな・・・と毎年改めて感じますね。

錦帯橋そのものが見応えありますから、それを花火が彩るとあればカメラマンの血が騒がないはずがありません(笑)

ただ、撮影に身を捧ぐわけではない方は、再度まとめた内容をご確認ください。

錦帯橋花火大会2018の内容まとめ

■日程 2018年8月4日(土)20:00~21:30

■アクセス ・川西駅から徒歩14分~
      ・岩国駅からバスで(シャトルバス含む)20分~
      ・新岩国駅からバスで15分~
      ・車利用の方は昼頃到着を目指し駐車場確保に務める

■穴場スポット (1)臥龍橋付近の川原
        (2)岩国城(もしくは山頂駅付近)
        (3)岩徳線高架下付近の川原

■必須アイテム ・虫除けスプレー
        ・汗拭きタオル
        ・飲料水

名所も合わせて見に行かれる方は、真夏の炎天下にやられないように、体調管理に気をつけて楽しんできてください~

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました^^


※ちなみに、以下8月の花火大会もおすすめです~↓↓

岡山花火大会2018の見どころやおすすめ穴場7選と駐車場を紹介

大曲花火大会2018の駐車場や桟敷席情報と穴場スポット10選

長岡花火大会2018の日程と有料席や穴場スポット7選を紹介

関連記事

  1. イベント

    北区花火会2018の有料席やおすすめ穴場スポットと駐車場を紹介

    全国指折りにランクインする地域密着型の花火会とは?大会の歴史も…

  2. イベント

    イナズマロックフェスのアクセスと駐車場やチケット情報を紹介

    家に帰るまでがイナズマロックフェス?TMR・西川貴教さんが主催…

  3. イベント

    成田花火大会2018の有料席チケットや駐車場と穴場4選を紹介

    のどかな田園風景が一夜だけ極彩色のヴェールに包まれる日外灯もま…

  4. イベント

    鴻巣花火大会2018の有料席やおすすめ穴場5選と駐車場を紹介

    中秋の名花火が心に染渡る・・・涼風がシャツを通り過ぎる季節とな…

  5. イベント

    イナズマロックフェス2018のおすすめの服装コーデと持ち物を紹介

    イナズマロックフェスで音楽との一体感を!TMR・西川貴教さん主…

  6. イベント

    長岡花火大会2018の日程と有料席や穴場スポット7選を紹介

    日本の夏を象徴する花火大会が、もうすぐ全国各地で開催されますね!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. イベント

    九州一花火大会2018の見どころとおすすめホテルや渋滞情報を紹介
  2. イベント(冬)

    東京ミチテラス2018のクリスマスおすすめデートプランと混雑は?
  3. イベント

    八王子花火大会2018の日程と場所取り方法や穴場スポット7選
  4. ひな祭り

    勝浦ビッグひな祭り2017の混雑回避アクセス方法とお土産出店情報
  5. イベント(冬)

    お台場クリスマスイルミネーション2018のデートプランと混雑は?
PAGE TOP