こどもの日

こどもの日の由来は?子供向けの教え方を分かり易く紹介!

5月5日こどもの日、または「端午(たんご)の節句」とも呼ばれます。

現在、こどもの日になると「男が健やかに成長するように」との願いを込めて、お家で様々な催しを行う風習がありますね。

tangonosekku_top出典:ashinari.com

◇メインとなる催し事◇
・兜や五月人形を飾る
・こいのぼりを上げる
・お風呂に菖蒲を入れた菖蒲湯に浸かる
・柏餅やちまきを食べる

3月3日のひな祭り(桃の節句)に負けず劣らず、盛りだくさんでお家の中はキリっと華やぎ、男の子にとっては毎年楽しみな行事になりますね。

ただ、小さい子は些細なことにも素朴な疑問を持つもの。

「ねぇ、こどもの日ってな~に?」

この質問に対し、両親や先生方は「う“っ・・・」と詰まること無く、人生の先輩として子供向けに分かり易く印象深い教え方で示しをつかせたいですね。

それに、小さい子供の記憶は何年経っても鮮烈に呼び起こされますので、曖昧な答えは控えたいところ。

なのでまずは、こどもの日の由来を下地とした、大人向けの簡単な説明から始め、そのあと子供向けの教え方をまとめる流れで進めていきますね!

 

端午の節句と呼ばれる由来は?

そもそも、「5月5日=こどもの日=端午の節句」と、それぞれが同じ意味合いを持つ不思議な関連性に気がつきます。

「端午」の意味は?

tangonosekku_imi出典:pakutaso.com

まず、端午の意味を簡単に説明します。

まず、物の「端(はし)っこ」などで使われる「端」が月の始めを意味し、「午(うま)」が旧暦で5月を意味します。

これらを合わせて「5月始め」と表わされ、後々に「午(ご)=五(ご)」という語呂から、5月5日が端午の節句と制定されました。

5月5日が「こどもの日=端午の節句」となる経緯は、わりかし言葉遊びがきっかけだったようですね。

 

端午の節句は元々女性の行事?

tangonosekku_tanbo出典:pakutaso.com

では次に、端午の節句が一行事として定められた由来を辿ってみましょう。

「兜」や「菖蒲」などガッツリ男子力が漂うような催しから想像するに、

「武家の慣わしや心得などをスマートかつ自然に植え込む為じゃ!」

と、考えが巡ってしまうところですが、
なんと元々は女性の行事だったようです。

それは遡ること奈良時代。

旧暦5月(現在の5月末~7月上旬)に行われる田植え前の一定期間、男性は家から出払い、田植えをする若い女性(早乙女)は家や神社などに籠もり断食をしながら身を清め豊作を祈る「五月忌み(さつきいみ)」という習慣がありました。

まさに女性の神事だったようですね。

 

端午の節句は中国からの伝来?

それでは、現在の端午の節句の食べ物で、なぜ「柏餅・ちまき」を食べるのか?

その由来ははるか昔、時は中国の戦国時代まで遡ります。

今から約2300年前、中国の「楚(そ)の国」に屈原(くつげん)という政治家がいました。

kutsugen出典:www.truancyhighschool.com

屈原は国を良くしようと働きに働き、多くの民衆から人気と信望を寄せていました。

が・・・ある日。

屈原を妬む他の政治家たちが、あの手この手で陰謀を企て、ついに彼は国を追い出されてしまいました。

inbou出典:peoples-free.com

国の将来を悲観した彼は失意のあまり川に身を投げ、ついに帰らぬ人となりました。

そのことを知った民衆は、川に行き群がる魚に向かって「ちまき」を投げ、屈原の死骸を魚たちが食べないようにと、彼を偲ぶ思いを捧げました。

chaina_chimaki出典:insatsusozai.net

その日(命日)が、ちょうど5月5日だったのです。

それからというもの、民衆は屈原の歴史を風化させないと同時に国が良くなるようにと、毎年屈原の命日えもある5月5日にちまきを川に投げる行事が定められました。

そして、その後は「病気・災厄」を取り払う風習として代々続き、ちょうど「五月忌み」が行われていた日本に伝来され、端午の節句の行事の一つとして今に至るようになりました。

また、5月は季節の変わり目で陽射しや気温差が激しくなり、そのせいで風邪をはじめ様々な病気を患い、亡くなる人も少なくありませんでした。

その苦闘の最中に、薬草とされる「ヨモギや菖蒲(しょうぶ)」を玄関口や柱に差し、厄除けを願う風習が生まれ、ちまきと一緒に5月5日に行う行事の一つとなりました。

yomogi出典:yakudatsuseven.com 出典:geocities.co.jp

歴史を紐解くと端午の節句の始まりには、中国から由来される様々な背景が組み合わさっていることが分かりますね。

 

子供に質問された際の回答例

■Q:どうして端午の節句(こどもの日)が5月5日なの?
「端午の“端”が月の始まりって意味で、“午”が5月のことで、読み方も“五”だから5月5日になったんだよ」

 

■Q:どうして端午の節句(こどもの日)で柏餅やちまきを食べるの?
「昔、中国に屈原っていう人がいてね、国の平和の為に頑張っていたんだけど、悪者に国を追い出されちゃったんだ。

屈原は悲しみのあまり川に飛び込んで死んじゃってね、そのとき彼に信頼を寄せていた民衆が屈原の死骸を魚が食べないよう、川にちまきを投げ込んだんだ。

その日がちょうど5月5日。

それから毎年、ちまきを川に投げたり、お薬にもなる“よもぎ”や“菖蒲”を玄関に飾ったりして、国の平和や病気や災害が起こらないようみんなで願ったんだ。

その話が後から日本に伝わってきて、日本では“よもぎ”をまいた柏餅や“ちまき”を食べて、菖蒲は飾ったりお風呂に入れたり、色々やり方が変わってきたんだよ」

子供から「へ~~」の一言がもらえれば御の字でしょう(笑)。
学問的な意味で、歴史に興味を持つキッカケにもなるかもしれませんし。

この調子で次に「兜や五月人形を飾る」由来について目を向けていきたいと思います。

 

なぜ兜や五月人形を飾るの?

まず先に、年間5回ある重要行事「五節句」では、それぞれ「どんなことをやるのか?」簡単な表を作ってみました。

5sekku

 

兜と菖蒲の面白い関連性

こどもの日に兜が飾られる由来については、遡ること平安時代。

元々、端午の節句は宮中行事とされ、菖蒲も前述した意味に基づき飾り付けされていました。

その後、時は鎌倉時代。

貴族に代わり武士が世を修める主体となり、その変化に伴い「菖蒲」も「尚武=勝負」という風雲男児の勢いを持つ意味合いが込められるようになりました。

この頃、男の子が生まれると「怪我や病気から身を守る」という思いで鎧や兜を飾る風習が見られ、それが「菖蒲=尚武(勝負)」との掛け合わせにより、端午の節句で兜が飾られるようになったのです。

こうした由来から、端午の節句が武家の男の子の行事へと移り変わり、この行事は階級を越えて庶民の間にも普及していきました。

もちろん本物の兜や鎧は買えないので、模倣した手作り製のを飾っていたようですね。

また同時に、「(邪気から守る)神が降臨」するようにと、兜の頂きにパワフルな人形を置き、それが後々に人形本体が独立した形となり、金太郎や弁慶のような「五月人形」の発祥となっていったわけです。

このことから、当時の庶民の創意工夫たるや素晴しいものがあったと伺えますね。

 

子供に質問された際の回答例

■Q:どうして端午の節句(こどもの日)に兜を飾るの?
「昔むかし、鎌倉時代といって武士が国を動かしていた頃、武家では男の子が生まれると『事故や病気から守ってください』という思いを込めて、兜や鎧を飾ってお祝いしたんだ。

それと、菖蒲を『尚武や勝負』という『武道で一流の人になるように』という意味も込めたことや、菖蒲の見た目が剣の形に似ていることから、兜や鎧も合わせて端午の節句に飾るようになったんだ。

その後、武家だけでなく庶民の中でも『たくましい子に育つように』という思いで、兜や勇ましい五月人形が飾られるようになったんだ。ただ、本物は価格も高いから、工夫して自分達で作ったりしていたみたいだよ。」

現在でも、立派な兜が飾れれば良いのですが、レプリカでも相場で数万円はしますから、財布事情と相談する必要があるかもしれませんね。

一番手っ取り早いのが、折り紙で兜を作ってあげれば、子供と一緒に楽しめますのでチャレンジしてみてください。

★カッコイイ兜の折り方★

 

こいのぼりの由来は?

端午の節句では、兜や五月人形を家の中で飾ることから「内飾り」と言われています。

ということは「外飾り」も当然あり、それがご存知「こいのぼり」ですね!

これまでの流れから、端午の節句に飾るものは「災いから身を守る」だったり、「強い子に育つように」という願いが込められていたり、武士道一筋という感じがしましたね。

それでは、「こいのぼり」は一体どんな意味や由来があるのか、フタを開けていきましょう。

 

鯉(こい)に込められた思い

koi出典:pixta.jp
まず、こいのぼりの「鯉」は、立身出世という意味をもつ故事「鯉の滝登り」が由来となります。

「滝を登りきった鯉は竜になる」という中国の言い伝えがもとになり、後々に出世に繋がるのポイントのことを「登竜門」と称するようになります。

主に仕事を差しますが、受験や就職をはじめ、大事な試合やオーディションなども当てはまります。

子供がこうした勝負事に負けないようにと「親としてエールを送っていきたい」そんな思いが込められているんですね。

ちなみに、鯉はサケのように実際滝登りはしませんが、川を流れに逆らって泳いだり遡上(そじょう)することはあるようです。

 

幟(のぼり)を立てる祝い事

nobori出典:www.sozai-library.com
昔、将軍の家に男の子が生まれると、家紋の付いた旗や幟を立ててお祝いしたようです。

それを、庶民が真似して家紋の代わりに前述した「子供の成功」に願いを込めた鯉の旗を掲げるよういなりました。

これが、端午の節句となるこどもの日に取り入れられ、破れないように和紙の旗から合成繊維になり、今の形に繋がっていきます。

 

子供に質問された際の回答例

■Q:どうして端午の節句(こどもの日)にこいのぼりを飾るの?
「昔、将軍の家に男の子が生まれると家紋(今で言う会社のロゴ的な)の付いた旗や幟を立ててお祝いしたんだ。

それに『鯉が滝を登ると竜になる』という中国の言い伝えがもとになって、『すくすく成長して立派な人になるように』っていう思いが込められるようになったんだ。

だから、こどもの日に合わせてこいのぼりが立てられるようになったんだよ~。」

現在はマンションなどの住宅事情でこいのぼりが立てられないケースもありますが、コンパクトサイズのこいのぼりならベランダでも十分立てられますね。

せっかく年に一度のこいのぼりなので、是非チャレンジしてみてください。

 

まとめ

こどもの日が端午の節句と呼ばれる由来や、様々な催しについて子供にも説明できる内容でご紹介してきました。

では、端午の節句に行う催し内容をまとめますね。

・兜や五月人形を飾る
・こいのぼりを上げる
・お風呂に菖蒲を入れた菖蒲湯に浸かる
・柏餅やちまきを食べる

こう見ると盛りだくさんで事前に様々な準備が必要に感じられますね~。

誕生日や他にも子供が喜ぶ行事はありますが、歴史的にも男の子が主役とされる日になるので、ちゃんと意味を込めてお祝いしてあげたいですね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました^^

関連記事

  1. イベント

    長岡花火大会2018の日程と有料席や穴場スポット7選を紹介

    日本の夏を象徴する花火大会が、もうすぐ全国各地で開催されますね!…

  2. イベント

    錦帯橋花火大会2018の日程とオススメ駐車場や穴場3選を紹介

    夏の匂いといえば、あなたは何を想像しますか?海風や蚊取線香など…

  3. イベント

    鎌倉花火大会2018の有料席や場所取り術と穴場スポット7選を紹介

    海に花火が咲く光景を見たことありますか?海面にパッと扇を広げた…

  4. イベント

    イナズマロックフェスのアクセスと駐車場やチケット情報を紹介

    家に帰るまでがイナズマロックフェス?TMR・西川貴教さんが主催…

  5. イベント

    昭島市民くじら祭夢花火2018の見どころや穴場・混雑状況を紹介!

    東京の昭島で巨大クジラと花火がコラボする一大イベント。それが「…

  6. イベント

    2018年の父の日はいつ?由来と贈る花おすすめ5選を紹介!

    GW中の「こどもの日」からの「母の日」とイベント続きの5月。子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. お花見

    旧古河庭園バラ2018の見頃やライトアップ時間と駐車場の紹介
  2. イベント

    北区花火会2018の有料席やおすすめ穴場スポットと駐車場を紹介
  3. イベント

    根津神社つつじ祭り2017の混雑状況と見頃やライトアップについて
  4. イベント

    江戸川花火大会2018の日程と場所取り時間や穴場スポット5選
  5. イベント

    父の日に靴下をプレゼント!おすすめ人気10選を紹介
PAGE TOP