お花見

【亀戸天神】2017藤まつりの開花状況とライトアップや見頃を紹介

桜のお花見シーズンが名残惜しくも去っていくと同時に、開花を待ち遠しくしている季節の花。

それが、藤棚とも呼ばれる枝垂れ咲く姿が優美な藤の花ですね!

桜と同じように、藤の花も全国の名所で多くの方が鑑賞に訪れにきます。

kameido_top出典:http://kameidotenjin.or.jp/gallery/fuji/

東京都内でも歴史深い名所がありますが、その中でも【亀戸天神の藤まつり】は毎年人気が高く、学生からカップルや家族連れ、高齢の方々まで幅広く来観され、反響は年を追うごとに量を増していっています。

「人気だって言うけど、他の藤まつりと何か違いはあるの?」

確かに気になるところではありますね。

そんな亀戸天神の藤まつりが多くの方を魅了し続けている背景。

そして、実際の訪れるとした場合、藤の開花状況や見頃はいつなのか?
ライトアップ亀戸天神の名物はあるのか?
などなど気になる情報も併せて紹介していきますね。

亀戸天神2017藤まつりの開花状況

kameido_fuji_kaika出典:pakutaso.com

藤の開花状況はよっぽど大荒れの雨嵐が続かない限り、毎年4月下旬~5月上旬開花のピークを迎えます。

亀戸天神側としては一大イベントの一つ。

開花間もない時に悪天候がやってきて、看板役者の藤の花が散ってしまっては事なので、おそらく散らないよう相応のケアはされるでしょう。

藤まつりの日程は2017年4月16日(土)~5月5日(木)のGW(ゴールデンウィーク)の盛りが終わる頃までになります。

桜と同様に開花ピークを過ぎてしまうと、藤の花も色あせて鮮やかさが薄れてしまうので、開花時期はなるべく外さないようにしたいですね。

亀戸天神2017藤まつりの見頃や混雑状況

kameido_watch出典:pakutaso.com

全国的に藤まつりとあれば、主な開催地では和太鼓の演奏や、抹茶を振舞う茶会である野点(のだて)などがイベントの中軸として賑わいをもたらせています。

もちろん、亀戸天神の藤まつりも情緒を重んじたお茶の座であったり、お囃子や奉納行事なども盛んで、特にGW中の藤まつりの雰囲気は最高潮の見頃を迎えることになるでしょう。

藤まつり期間外も見頃か?

ただ、藤まつり期間のGWにはどうしても行けない場合、その数日前であっても藤の花は十分見頃ですし、圧倒的に来観者が少ないので自分のペースでのんびりできます。

また、GW明けになると枯れている藤も多いので、GW前で満開になる手前の初々しい感じの藤を見に行った方が良いですね。

5月1日に行きましたが、満開の時期を終えて少し枯れてきていました。4月下旬から咲き始めるとの事でしたが、もう少し早目に行った方が良さそうでした。
出典:トリップアドバイザー

他には、亀戸天神では墨田区の誇りでもある日本一高い建物である東京スカイツリーをバックに、藤や境内を写真に納めることもできるので、旧名所と新名所の夢のコラボ撮影を実現させることができるでしょう。

藤まつりの混雑状況は?

藤まつりのメインイベントは朝10時~17時までとなる為、昼頃に行くと確実に混雑に出くわすでしょう。

賑やかな雰囲気で鑑賞されたい方には良いのですが、ゆっくり鑑賞したいという方は、早朝の空いている時間帯に行くのをおすすめします。

早朝の人出が少ないときにはゆっくり藤を観賞できます。平日でも9時半を過ぎるとだいぶ混んできます。
出典:トリップアドバイザー

混雑時の賑わいの中と朝の静寂の中では、藤の花が与えてくれる印象は違ってくるでしょうね。

自身のテンションや気分を盛り上げるなら、活気のある昼時でも良いかもしれませんね。

亀戸天神2017藤まつりのライトアップ時間

kameido_light出典:pakutaso.com

混雑も徐々に引いてくる夕方から、亀戸天神の藤の見どころはクライマックスを迎えます。

それは、夜の藤の美しさを際立たせる【ライトアップ】が行われ、太鼓橋や参堂を歩いて眺める風景は時代を越えた感動を覚えます。

是非スマホでも良いのでカメラには確実に納めておきたいですね。

ライトアップの時間帯は18時~24時までなので、時間の許す限り鑑賞することができます。

ただ、電車で来られる方は見入りすぎて終電を逃す、なんてことのないよう気をつけたいところです(笑)

亀戸天神の屋台・周辺名物店

藤まつりに限らず、祭事にはもれなく屋台や露店が立ち並びます。

亀戸天神も毎年100店ほど出店するので、きっとお祭り気分も加速することでしょう。

それに、亀戸天神の周辺には名物と呼ばれる店舗が建ち並んでいますので、藤まつりの帰りに立ち寄って亀戸の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

そんな名物店の代表を紹介しますね。

船橋屋

kuzumochi出典:http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13003077/

亀戸天神を蔵前橋通り沿い正門を出てすぐ左隣に、ひと目で「これは・・・歴史的建造物だな」と思わせるようなお店が構えられています。

それが、亀戸きっての名物【くず餅】の老舗でもある【船橋屋(亀戸天神前本店)】で、店外入り口には立派な藤棚が飾られています。

なんと創業200年以上の大古参でもあり、亀戸天神で参拝した後は「船橋屋のくず餅食べる」のがテッパン!という暗黙の流れがあるようですね(笑)

亀戸天神参拝のあとにはやっぱり船橋屋さんでしょ‼︎
引用:食べログ

せっかくココ(亀戸天神)までやってきたので、
亀戸で有名な『船橋屋 本店』さんに寄ってきました。
引用:食べログ

亀戸神社で、満開の藤の花を鑑賞!
こちらのお店の前を通って、蕎麦を朱葉離で食べた後
デザートを食べようと、こちらに帰って来ました!!!
引用:食べログ

もはや、目的は藤まつりでも参拝でもなく「くず餅!」という魂胆が見え隠れしているほどの勢いですね~。

ここ船橋屋は、芥川龍之介・永井荷風・吉川英治など、かつての文豪面々にも愛されていて、「彼等の作品を読みながらくず餅を食べる」という体験をファンだったら一度はされたいのではないでしょうか。

さて、船橋屋にはくず餅をはじめ、他にも看板メニューがありますので紹介していきますね。

メニューはどれも1点あたり500円前後になり、老舗名物としてはお手頃価格ですね。

■くず餅
奈良や京都方面に老舗店が多い「葛(くず)餅」ではなく、小麦澱粉で作られた餅になります。
きな粉の香ばしさと甘い黒蜜の掛け合いに絶妙な歯ごたえが、「こりゃ多くの人を魅了するわけだ・・・」と腑に落ちることでしょう。

■抹茶最中
5月頃にもなれば若干暑い日もあり、アイス系も食べたくなるところです。
抹茶味が好きなら紋所が入った最中(モナカ)をひと目・・・いや一口食べてみたいですね。
あのサクサク皮にスプーンを入れていく感覚がなんとも言えません(笑)

■白玉あんみつ
上品な配色で彩られたあんみつで、甘さ強めでお茶との相性は抜群です。
季節の特別メニュー期間では梅やお雛様など、その時々のイベントに合わせた装飾になっている場合もあります。

夏になると特盛カキ氷も名物なので、藤まつり以降も何かにつけて来れたらいいですね。

亀戸天神の駐車場やアクセス方法

スカイツリーの名所ともあって、電車の交通便が良いので首都圏内から来られる方でも嬉しい立地になります。

一方、車で来られる方は駐車場情報を把握しておきたいところ。

有難いことに、亀戸天神内には無料で止められる駐車場がありますので、昼前後のピーク時に行って争奪戦にならないよう早目の確保をおすすめします。

その他の有料駐車場の配置も確認しておきましょう。
kameidotenjin_park出典:http://tabico.jp/detail/00000000000001979481/parking/

特に藤まつり期間中のGWはかなりの混雑になるので、なるべく車よりも電車で行く方が、ゆっくり鑑賞できる時間が取れるはずです。

事前の交通状況から判断したいところですね。

■最寄駅:JR総武線「亀戸駅」⇒徒歩(約15分)
     JR総武線「錦糸町駅」⇒徒歩(約15分)
     東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」⇒徒歩(約15分)
     都営バス「亀戸天神前」⇒下車すぐ

まとめ

以上になりますが、亀戸天神の藤まつりのイメージは概ね掴めましたでしょうか?

混雑を避ける場合は、GW前の早朝に藤鑑賞⇒ランチや名物店の徘徊を楽しむ、という流れが理想的ですね。

再度、内容をまとめておきます。

■藤まつりの開花状況⇒4月下旬~5月上旬
■藤まつりの見頃⇒GW前の早朝(スカイツリーをバックに写真撮影がおすすめ)
■藤まつりの混雑状況⇒GW期間がピーク
■藤まつりのライトアップ時間⇒18時~24時
■亀戸天神周辺の名物店⇒正門左側のくず餅・船橋屋
■亀戸天神の駐車場・アクセス方法⇒車より電車がおすすめ

亀戸周辺が普段立ち寄らない未開の地であれば、亀戸天神の藤まつりを筆頭に、至るところに名所があるので、1日で見て回るのはちょっと難しいところではあります。

「どこに遊びに行こうか?」と迷った時、亀戸が候補に入れば、それは立派な亀戸ファンということでしょうね(笑)

それでは最後に亀戸天神の藤まつりの動画でお別れしたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます^^

関連記事

  1. お花見

    旧古河庭園バラ2018の見頃やライトアップ時間と駐車場の紹介

    季節は春に差し掛かり、いよいよ蕾が花を咲かせる時がやってきましたね。…

  2. イベント

    オレンジデー2017で貰って嬉しい彼氏・彼女への人気プレゼント5選

    2月14日は女性がチョコに思いを託し好きな男性に告白する「バレンタイン…

  3. イベント

    父の日に靴下をプレゼント!おすすめ人気10選を紹介

    父の日に何をプレゼントするか迷っていませんか?>>父の日に何を…

  4. お花見

    目黒川の2017夜桜ライトアップ時間は?混雑時は出店屋台が人気

    東京有数のオシャレタウンの代名詞でもある中目黒。この中目黒の中…

  5. イベント

    鴻巣花火大会2018の有料席やおすすめ穴場5選と駐車場を紹介

    中秋の名花火が心に染渡る・・・涼風がシャツを通り過ぎる季節とな…

  6. イベント

    北区花火会2018の有料席やおすすめ穴場スポットと駐車場を紹介

    全国指折りにランクインする地域密着型の花火会とは?大会の歴史も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. イベント(冬)

    お台場クリスマスイルミネーション2018のデートプランと混雑は?
  2. 卒業

    高校生の卒業旅行で行く温泉街のおすすめ・格安宿泊ホテル5選
  3. イベント

    江戸川花火大会2018の日程と場所取り時間や穴場スポット5選
  4. イベント

    鴻巣花火大会2018の有料席やおすすめ穴場5選と駐車場を紹介
  5. イベント

    調布花火大会2018の日程や有料席・穴場スポット5選を紹介
PAGE TOP