イベント(冬)

北野天満宮の梅開花状況2017は?混雑回避はライトアップ時間?

2月になると梅の花がほっこり顔を出し、春の訪れを感じさせてくれますね。

花見といえば派手な桜のイメージが強いですが、梅の可愛らしい花びらを愛でるのも情緒に満ちたひとときを楽しめるのではないでしょうか。

「素敵な梅の花をひと目見てみたい」

そんな方には是非訪れて頂きたい場所があります。

kitanotenmangu_header出典:kyoto-design.jp

それが、京都を代表する梅花の名所【北野天満宮】

毎年「梅花祭」が開催され、地元ならず全国の観光客がやって来るわけですが、開催期間中の来客数は約15万人という人気っぷり。

せっかく北野天満宮まで梅の花を見に来たからには、まず抑えておきたい2017年の梅開花状況

それに、混雑を避けつつライトアップまでゆっくり時間をかけて回れるように、北野天満宮の歩き方について紹介していきますね。

【北野天満宮】2017年梅開花状況

kitanotenmangu_look出典:stop-ouna.jugem.jp
合格祈願にやってくる受験生や、再起を願い返り咲く思いを募らす浪人生たちがすれ違う時期でもあり、普段よりも人口密度は高い北野天満宮。

その姿を祝福するように、メインとなる本殿周りには梅の花が咲き香っていて、演出効果はなかなかのもの。

その前提として、肝心の梅の咲く時期を抑えておく必要がありますね。

北野天満宮の2017年梅開花状況は、毎年より2週間早め2月上旬~3月下旬が見頃となります。
出典:

50種・約1500本の梅が満開となる場面に立ち合いたいですね。

ちなみに早咲きの「寒紅梅」は12月下旬~1月上旬頃が開花シーズンとなりますので、一足早く梅の花をご覧になりたいという方におすすめです。

寒紅梅が咲いているポジションは北野天満宮本殿の南西付近になります。

【北野天満宮】梅花祭の見どころ

kitanotenmangu_ochagashi出典:www.ottimo.co.jp
北野天満宮では菅原道真の御遺徳を偲び、命日でもある毎年2月25日「梅花祭」という祭典が行われます。

梅花祭のメインは有料エリアの梅苑内になりますが、無料エリアの本殿周りにもたくさん梅の花が咲いていますので、様々なアングルから梅の花を見て楽しみたいですね。

有料・無料エリア両方の見学時間は早くても30分くらいになりますので、サクッと見て回りたい方でも満足できる景観になるでしょう。

今出川通りから参道を通り抜け、楼門に辿り着くまで徒歩5分くらい。
その後、楼門⇒三光門(重門)⇒社殿(国宝)という順番が一般的ですね。

梅苑に入場する祭は入場券と併せてお茶菓子も付いてきて、苑内ではお茶屋もあるので休憩をはさんでゆっくり散策できます。

また、2月25日の梅花祭では野点大茶湯というお茶会も開かれ、多くの芸舞妓さんによる振舞いが見られます。

お茶会は非常に人気が高いので、参加されたい方は早めにスタンバイしておいた方が良いでしょうね。

菅原道真についての豆知識

北野天満宮では学問の神様として祀られている【菅原道真】のお守りが人気ですね。

菅原道真は学問に秀でた一方、武道家の顔も持ち弓の名手でもありました。

その文武両道という意味でも「技芸上達お守り」は試合やコンクールなどスポーツ・芸術で「ここぞという時」に力を発揮できるとか・・・

そのくらい優秀な人物であったがゆえに、ライバル視されていた藤原一族から嫉妬の念を燃やされ、大宰府に左遷させられたという歴史があります。

出る杭は打たれるという、できる人物の宿命なんでしょうかね・・・

混雑しない梅ライトアップ時間がおすすめ

kitanotenmangu_lightup出典:http://kyoto-tabiya.com
そんな菅原道真の霊魂を祀る厳かさとは裏腹に、梅花祭では屋台やお茶会など毎年多くの人が賑わいを見せています。

ただ、中高年の方、修学旅行生、カップル、家族連れなど来観者数が15万人という数字なので、当然のような混雑っぷりは想定できるでしょう。

特に梅苑内への入場や野点大茶湯では結構待たされます。

休日はさながら平日も混雑具合は変わらないほどです。あえて言うなら金曜日が若干空いているといったところです。

2月~3月はまだ昼間でも気温10℃くらいなので、上着など防寒はしっかりしておきましょう。

また、来観者の多くはカメラを持参しているため、せっかくなのでカメラ片手に舞い込んでいきたいですね!

ライトアップ時間はガラガラ?

梅花祭の開催時間でもある昼間が混雑ピークを迎え、夕方にかけては徐々に人もまばらになってきます。

なので、純粋に梅の花を見られるという方は混雑を避けた夜がおすすめ。

特に夜は21時まで本堂一体がライトアップされ、昼間とは打って変わって幻想的な雰囲気を楽しめます。

人の賑わいも良いですが、落ち着いて梅の花に魅了されたいという方は、ライトアップされる夜にひょっこりやって来るのがベターですね。

夜はさすがに寒いので、昼間以上に防寒対策はしっかりしておきましょう。

【北野天満宮】までのアクセス方法

京都駅から北野天満宮までは、およそ1時間くらいあれば到着できますが、その他のアクセス方法も抑えておきましょう。

アクセス方法

住所:京都市上京区馬喰町

・京都市バス 北野天満宮前下車すぐ
・嵐電 北野白梅町駅下車 徒歩約10分
・JR 嵯峨野線 円町駅下車 徒歩約22分
※経路検索はコチラ

北野天満宮の梅苑公開期間についての詳細もまとめておきますね。

梅苑詳細(期間内)

・公開時間:10時~16時まで
・入場料[いずれも茶菓子付]
・大人 700円 (中学生以上)こども 350円
・30名以上1割引 (但し25日・土・日曜・祝日を除く)
・身体障害者割引 大人350円・こども175円

まとめ

「東風(こち)吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」

菅原道真が大宰府左遷の際に詠んだ歌には言い伝えがあります。

北野天満宮の梅の花が菅原道真を惜しんで、一夜のうちに大宰府まで飛んでいったという「飛梅伝説」となり、梅の神紋もそれが由来となります。

梅の花の美しさを挙げれば京都の代表格をはる北野天満宮。

ウンチクはほどほどに、梅の花の世界で憩いのヒトトキを満喫しましょう^^

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

  1. イベント(冬)

    東京ミチテラス2018のクリスマスおすすめデートプランと混雑は?

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  2. イベント(冬)

    カレッタ汐留イルミネーション2018のデートプランと混雑状況は?

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  3. イベント(冬)

    湯西川温泉かまくら祭2016の現地のレンタル品や服装と混雑情報

    関東でも数少ない、雪をバックにイルミネーションを楽しめる湯西川温泉かま…

  4. イベント(冬)

    クリスマス・丸の内イルミネーション2018のおすすめデートプラン

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  5. イベント(冬)

    渋谷「青の洞窟」のクリスマスの混雑とおすすめディナー店を紹介

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  6. イベント(冬)

    東京タワーイルミネーション2018クリスマスデートの混雑状況は?

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ひな祭り

    鴻巣びっくりひな祭り2017の開催期間とおすすめランチ・お土産
  2. お花見

    目黒川の2017夜桜ライトアップ時間は?混雑時は出店屋台が人気
  3. お花見

    代々木公園で花見!桜の2017開花状況とライトアップや屋台情報
  4. イベント(冬)

    渋谷「青の洞窟」のクリスマスの混雑とおすすめディナー店を紹介
  5. 卒業

    高校生の卒業旅行で行く温泉街のおすすめ・格安宿泊ホテル5選
PAGE TOP