冬の寒さ・悩み

【部屋が寒い時の対策】窓の冷気を電気代節約術で遮断し身も心も快適

朝の目覚めと同時に直感する、

「これは決して布団から出てはいけない・・・」

そのくらい昨今の冬の寒さが驚異的に襲い掛かってくるこの季節。

もちろん夜も同じく。

帰宅すると外より寒い部屋と化しているという謎の現象。

room_colder出典:https://www.pakutaso.com

シチューのCMで見られるような、暖かい部屋のイメージとは程遠い。

そんな現実を目の当たりにしているのではないでしょうか。

「寒い寒いと思っているから寒いんだ!」

などと言っている強者もいるでしょうが、
どんな思想を持ったって寒い以外の答えはでない。

もはや服装の防寒対策だけではカバーできないし、
暖房つけっぱなしで天文学的な電気代を見て凍りつく結末も嫌だ。

でも、コレと言って部屋が寒い時の対策をするのも面倒くさい!

そんな人でも片手間で寒い部屋とはオサラバできる、
【簡単】で【電気代も節約】できる防寒対策があります。

春一番が吹く頃まで、ガクブル生活を続けないためにも、
こちらから自分にあったものを選んでみてはいかがでしょうか?

断熱カーテン・レースで窓から徹底防寒

いくら寒いからって「入念な対策を取らねば」ってほどの緊急性はないにせよ、
自分の中で「どうにかしたいベスト3」には入っていたりいなかったり・・・

そうは言っても、まずもって「面倒くさい」というのが一番の問題。

ですが、面倒なのは最初のうちだけ。

暖かい部屋に引越しをする感覚で、パパッとやってしまいましょう。

その中で紹介するのは作業が楽で、そこそこ安く毎年使えて、
さらに電気代が一切掛からない防寒商品。

まさに電気代節約の鬼。

それが、どの家庭でも付いている【カーテン・レース】です。

断熱カーテン選び方

冷気が入ってくる割合として、その原因の50%以上が窓からなので、
まずここをガードしないといけません。

夏だと通気性が良く、風を通しやすいカーテンが好まれますが、
冬は断熱性の高い「厚手の遮光カーテン」が良いでしょう。

katen出典:www.cecile.co.jp
裏地を見ると分かりますが、風の通る隙間が一切ないため、
外の冷気を窓側でしっかりガードでき、
部屋内の暖気を逃がさない断熱性が優れています。

見た目は普通のカーテンなので、
今取り付いてるカーテンが奇抜なものでなければ、
同じデザインもあるかもしれませんね。

価格はサイズにもよりますが、
3,000円~9,000円くらいで購入できますので、
こちらのサイトを参考にするのも良いかと。

断熱レースの選び方

カーテンとあわせて取り付けたいのがレースです。

カーテンを開けると光が射し込む感じが良いのですが、
裏を返せば冷気は余裕で通り抜けられます。

そこで、カーテン同様に冷気をガードしてくれて、
さらに光はちゃんと通す断熱レースがあります。

reath出典:item.rakuten.co.jp
明かりは見えますが、室内の様子は分からないので、
防犯意識の高い女性にとっても安心感がありますね。

カーテン同様、価格はサイズによりけりですが、
4,000円~12,000円くらいと少し高めですが、
こちらのサイトから合ったタイプを選んでみるのも良いかと。

あとは、カーテンもしくはレースのどちらかを購入するのでも
十分断熱・保温効果はありますので、お金をかけたくない方は
ご自分の部屋と良く相談してくださいね~。

プチプチを窓に貼った場合の断熱効果は?

puchipuchi
「断熱カーテンやレースなんて高くて買えたもんじゃない!」

今付けているカーテンを取り外したり、
春までしまっておくスペースもないし、何より面倒くさい。

しかし、部屋の中はパソコンのマウスを持つ手が、
ものの数分で冷たくなってきている。

どうする?他に方法はないのか?

・・・あります!

プチプチの断熱効果は?

コップとかお皿なんかのワレモノの梱包とかでお目にする、
プチプチ(エアパッキン)を使った防寒対策です。

「えっ、あのプチプチと病みつきになるプチプチのこと?」

そうなんです。

ただ緩衝材として有能なだけではなく、
あのプチプチした凸凹面を窓に貼り付けるだけで、
断熱&防寒効果を大いに発揮するんですよ。

プチプチシートを貼ることによって、
窓とシートの僅かな隙間に空気の層ができて、
断熱効果を高めることができます。

要は即興で二重窓(二重サッシ)を作るようなものです。

プチプチはアマゾンですと、10m巻で1,000円弱ですからテープ代と含めて1,500円くらいで収まります。

これで暖房の電気代が少しは浮きますね~。

プチプチの窓の貼り方は?

窓を開閉するかどうかがポイント。

開閉する場合は、窓ガラス部分に貼ることで
断熱性を高めることができます。
window出典:http://kankyourakugo.at.webry.info/200901/article_2.html

開閉しない場合は、サッシ部分も含め窓全体を
プチプチでカバーするように貼り、断熱&防寒性を高めます。
sasshi出典:https://t.co/3kRueFFWUe

プチプチの貼り方ですが、
ガムテープや強力両面テープを直接窓に貼ってしまうと、
剥がした時にバッチリ跡が残ってしまいます。

なので、貼る前に・・・
【養生マスキングテープ】か【メンディングテープ】
下地として窓に貼り、その上に両面テープなどを貼ると良いでしょう。

mendhingu出典:item.rakuten.co.jp

後で剥がしやすいように、端っこを少しまくって折り曲げてくださいね。

貼る順番はこんな感じです。

▼プチプチを窓の大きさに切り取る

▼窓の拭き掃除(霧吹きとかでシュッシュッとやる⇒窓をフキフキ)

▼メンディングテープなどで下地を四方に貼る

▼その上に両面テープを貼る

▼最後に切り取ったプチプチをペタっと貼る

一連の作業時間は大体10分くらいなので、
クソ面倒くさい!と思わず、節約の冬を乗り切る為にも、
是非重い腰を上げましょう(笑)

足元を暖めるカーボンヒーター

carbon出典:www.apix-intl.co.jp
カーテンやプチプチによって断熱&防寒性はある程度高まります。

ただ、「末端冷え性で手足を即効暖めたい!」

という場合、即暖性が高い暖房器具がないとツライところ・・・

そこでオススメなのは、
点けた瞬間からパッと熱を持つ【カーボンヒーター】。

暖めたいスポットをかざせば直に効果を感じられます。

もし購入する場合、価格は大体5,000円~20,000円くらい。

但し、カーボンヒーターは部屋全体の空気を暖めるものではないので、
エアコンやファンヒーターのような効果はありません。

その時に応じて暖房器具を使い分けながら、
電気代節約を目指していきましょう~。

暖気をキープするのは湿度?

irori出典:https://www.pakutaso.com
エアコンを入れても、なぜか微妙に寒いと感じることってありますよね。

暖かい空気はどうしても上に上がりたがるので、
そうなるとロフトベッドを設置して、
ひたすら上にこもっていないといけなくなります。

「部屋の中でも移動できなくなる生活なんて嫌だ」

ここまで極端な拒絶反応を示す方はいないかと思いますが、
エアコン代も馬鹿にならないので、解決したいところではあります。

手っ取り早いのは、サーキュレーター(扇風機)を
上方に向けて回して、空気の循環してあげることですね。

ただ、「冬に扇風機なんて使いたくない!」

という場合はもう一つ、湿度を上げるという部分に注目していきましょう。

エアコンと加湿器の併用

stiam出典:topicks.jp
空気というのは乾燥すればするだけ上方に集まりやすくなるので、
湿度を上げてやることによって空気に重さを与え、
暖かい空気が下がってきてくれます。

加湿器を使えば部屋の湿度アップにつながりますが、
悩ましいのは電気代。

加湿器でもスチーム式は6畳一部屋で使う場合、
電気代はおおよそ2,000円~3,000円はかかってしまいます。

そこで、お金のかからない節約方法があります。

◆洗濯物の部屋干し(濡れたタオルを干すのもOK)

◆観葉植物を置く

◆霧吹きにお湯入れて部屋全体に噴射

◆フローリングなら水拭きする

◆鍋料理をする

ちょっと強引?と感じるかもしれませんが、
そういえば・・・と思い当たる節はありませんかね?(笑)

あとは、大人数で部屋に集ってホムパなんかも・・・
我こそはパリピ!という方は試してガッテン。

まとめ

部屋が寒い場合の対策として、ご自身にマッチしたやり方は見つかりましたでしょうか。

部屋が寒いだけで動きも感覚も鈍り、
防寒対策への行動も起こせなくなり、やがて凍結して・・・

という末路はないと思いますが、
何かと面倒くさいという感じは否めないです。

ただ、節約のため暖房は控えめにという決断が、
体調不良を引き起こす可能性もありますので、
その前に何らかの防寒対策は取っておいた方が良いかもしれません。

では、今回の記事をまとめます。
◆断熱カーテン・レースに取替える
◆プチプチを窓に貼っる
◆カーボンヒーター&エアコンの使い分け
◆湿度を高めて暖気を下げる

身近なものでも、思わぬお助けグッズになったりしますので、
寒波に負けない人間の生活の知恵をフルに使っていきましょう^^

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. お花見

    【代々木公園】花見の場所取りや買い出し店は?空いてるトイレはココ
  2. イベント(冬)

    湯西川温泉かまくら祭2016の現地のレンタル品や服装と混雑情報
  3. お花見

    代々木公園で花見!桜の2017開花状況とライトアップや屋台情報
  4. イベント

    2018年の父の日はいつ?由来と贈る花おすすめ5選を紹介!
  5. クリスマス

    クリスマス2018に東京でデートする高校生の人気スポット&プラン
PAGE TOP