ひな祭り

勝浦ビッグひな祭り2017の混雑回避アクセス方法とお土産出店情報

桃の節句になると勝浦市の各所にひな人形が飾られ、
その数約3万体ともなる【勝浦(かつうら)ビッグひな祭り】
という一大イベントが2017年も開催されます。

会場以外に道中でも飾られているので
ひょっこりおひな様が顔を出してお出迎えしてくれるかのよう。

katsuura_hinadan
「あ!おひな様だ~!」って子供たちもはしゃいじゃいますね!

これだけ大きいイベントなので、都内や初めて来られる方も多いでしょう。

そのため、これから事前に混雑具合やアクセス方法、
家族や友達へのお土産、勝浦周辺のお店情報なんかも合わせてご紹介しますね。

勝浦ビッグひな祭り201の開催期間は?

2001年から毎年恒例イベントとして勝浦市を盛り上げ、
2017年も良い思いになるようにと、早めに開催期間が決定されていました。

開催期間と場所

開催期間 2月26日(金)~3月6日(日)

■遠見岬(とみさき)神社石段
時間 9時~19時 ※雨天中止(雨脚次第)
メインとなる神社石段60段にひな人形約1500体がズラーっと並べられています。
夕方はライトアップされ、息を呑むような光景に魅せられるでしょう。
tomisakiMap勝浦駅→遠見岬神社:徒歩10分

■覚翁寺(かくおうじ)山門前
時間 9時~18時半 ※雨天中止(雨脚次第)
kakuoujiMap勝浦駅→覚翁寺山門前:徒歩11分

■墨名(とな)交差点
時間 9時~17時(土日は、9時~18時30分) ※雨天中止(雨脚次第)
tonaMap勝浦駅→墨名:徒歩5分

■勝浦市芸術文化交流センター 【Küste(キュステ)】
時間 9時~17時
※入館料300円(中学生以下は無料)
園児の手作りや一般では見られない珍しいひな人形も展示されます。
雨が降っていたら、迷わずこちらに向かいましょう!
bunkacenterMap勝浦駅→勝浦市芸術文化交流センター:徒歩18分

地図上でも分かるとおり、展示箇所が点在している為、
全て見学する場合は朝一で行った方が良いですね。

ただ、その日によって交通状況も変わってくるので、
おすすめのアクセス方法を次にご紹介します。

勝浦ビッグひな祭り2017のアクセスや混雑具合

都心や首都圏から来る方も遠方とはいえ日帰りが多いでしょう。

車を利用する場合は、渋滞情報や駐車場スペース有無が心配されるところです。
やはり土日祝はスムーズにいかないことも想定する必要があります。

その場合、電車を利用するのはいかがかと。

毎年、JR東日本千葉支社は特例として、
【勝浦ビッグひな祭り号】を運転しています。

※2017年の運行情報です↓↓
big_hinamatsuriGo出典 http://www.jreast.co.jp/press/2015/20151012.pdf

【勝浦ビッグひな祭り号】料金パック(2015年)

昼食付で、往復8500円(大人・子供同額)
昼食なしで、往復7300円(大人・子供同額)
※【勝浦ビッグひな祭り号】以外の【特急わかしお号・新宿わかしお】を利用の場合は、片道1,000円減となります。
出典:https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1501_katsuura.pdf

昼食付パックは「勝浦ホテル三日月」でランチバイキングなので、
お店選びの手間も省けますね。

通常アクセス

【東京→勝浦:わかしお9号(1時間26分):片道4004円】
もしくは
【東京→蘇我→勝浦:京葉線快速→外房線(2時間12分):片道1944円】

これらは都内からのアクセス例なので、
それぞれ良いプランが立てる上での参考としてご紹介しました。

また、お子様連れの場合は徒歩だと若干遠い場所もありますので、
もし歩きつかれたり寝ちゃったりしたらバスやタクシーに切り替えも
考えても良いかと。。。

勝浦ビッグひな祭り2017のお土産・出店情報

本イベントでは勝浦でしか見られないひな人形もたくさんあり、
鑑賞するだけでも十分満足できます。

ただ、せっかくなので手ぶらとは言わずお土産も考えてみてはどうでしょう。

かつうら雛づくり

ゆるキャラ『KAPPY(カッピー)』のキーホルダーなどもありますが、
ひな祭り限定で【かつうら雛づくり】という予約制イベントもあります。

KAPPYMap勝浦駅→KAPPYビジターセンター:徒歩5分

袱紗雛をお子様と一緒に作る貴重な体験ができますし、
希望であれば完成したひな人形を勝浦ビッグひな祭り期間中
飾ってもらうこともできます。

お子様と一緒につくる良い思い出にもなりますね。

出店について

また、祭事には出店がつきもの。

出店情報は具体的には公開されていませんが、
菱餅、あられなどお子様対象のお菓子がメインなのではないでしょうか。

小腹が空いたときなんかに立ち寄ってみたいところですね。

勝浦ビッグひな祭り2017のおすすめランチ情報

せっかくなので、ランチも勝浦名物を食べてみたいですね。

勝浦タンタンメン

勝浦名物いえばタンタンメン。
katsuura_tantanmen

hiyashi_tantanmen出典:まんまる亭
いかにも辛そうな色。
ただ、色の割には辛さも控えめ(個人差あり)で、
ラー油ベースの濃厚スープがクセになるかもしれません(笑)

アジ料理

本場の特産アジ料理も見逃せない一品です。

アジのメニューの代表として、
【さんが焼き】や【なめろう】があります。
sangayaki

namerou出典:割烹 天平
鮮度の良さや独自の調理方法が評判を呼んでいて、
店内も味がありついつい長居しちゃいそうですね~

まとめ

以上、勝浦ビッグひな祭りの内容ご紹介でしたが、
プラン意欲は沸いてきましたでしょうか(笑)

まとめますと、
・開催期間は【2月26日(金)~3月6日(日)】
・アクセス方法は【勝浦ビッグひな祭り号】がお得
・お土産には【かつうら雛づくり】で創作したオリジナルひな人形
・勝浦おすすめランチメニューは【タンタンメン】【さんが焼き】【なめろう】
またまだ、見所はたくさんありそうなので、
それは現地についてからのお楽しみ。

ひな祭りにどこかに出かけてみたい!という方にとっては、
日帰りでコストパフォーマンスも良いイベントなので、
是非行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. ひな祭り

    鴻巣びっくりひな祭り2017の開催期間とおすすめランチ・お土産

    あなたは『日本一高いピラミッドひな壇』をご存知ですか?およそ子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 卒業

    卒業旅行でディズニーへ行くときの3月服装おすすめコーデ女性編
  2. イベント

    武蔵村山花火大会2018の穴場や駐車場・デートスポットを紹介
  3. イベント(冬)

    北野天満宮の梅開花状況2017は?混雑回避はライトアップ時間?
  4. イベント

    八王子花火大会2018の日程と場所取り方法や穴場スポット7選
  5. お花見

    【藤の花】2017関東の日帰りおすすめ名所7選!イベントや見どころ紹介
PAGE TOP