イベント(冬)

湯西川温泉かまくら祭2016の現地のレンタル品や服装と混雑情報

関東でも数少ない、雪をバックにイルミネーションを楽しめる湯西川温泉かまくら祭り

昼はかまくらの中でのバーベキュー・スノーシューでたっぷり遊んで、夜は心温まる幻想的なともし火に癒される。

そんな、都会では経験できない非日常的な気分を味わうことができちゃうんですから、首都圏はもちろん西日本にお住まいの方も一度行ってみたいところですね!

ただ、毎年恒例の祭事につき懸念されるのが混雑状況。

交通機関しかりイベント会場、宿泊施設等ホテルなど、多方面から来られる人たちでワチャワチャになるのは容易に想像できます。

また、かまくらが維持できるくらいの気温ですから、相当な寒さが予想されるため、服装や防寒アイテムも入念に準備しておく必要があります。

せっかく行くのであれば、楽しく・ロマンティックな想い出にしたいですよね!
ここでは、混雑状況や服装について紹介していきますので、是非参考にして頂ければ有難いです。

湯西川温泉かまくら祭り2016の開催期間とオススメ日時

まず、湯西川温泉かまくら祭りの2016年開催期間・場所の詳細はこちらになります↓↓

開催期間 1月23日(土)~3月6日(日)まで
時間   9:00~21:00(ライトアップ時間 17:00~21:00)
場所   ①メイン会場:平家の里会場
     ②ミニかまくら:沢口(さわぐち)河川敷
(※但し、「ミニかまくら」は2月11日(木)を除いた毎週木曜日はライトアップなし)

春先まで開催しているので、「年始は忙しい・・・」という方もスケジュールが立てやすそうですね。

ただ、雪ということを忘れそうな頑強に見えるかまくらですが、さすがに雪解けという自然現象には逆らえません。

毎年2月下旬~3月の終了時期にかけては徐々に雪が解けてくるため、その頃は足元もビチョビチョになる可能性もあります。

「そんなの気にしないよ~」という方は特に問題ないですが、せっかく遠出されるのであれば開催日~2月初旬までの雪解け前の時期がオススメですね。

湯西川温泉かまくら祭り2016の交通機関は?

かまくら祭りというくらい、容易にかまくらが作れちゃうほどの降雪量ということで、かなりの雪道になることも予想されます。

では「どうやって会場まで行くのがベターなのか?」ということですが、一般的な交通機関はやはり電車とバスを利用するパターンです。

<電車とバスで現地へGO!>
鬼怒川温泉駅(ここまで新幹線・スペーシアなど)

湯西川温泉駅(東武鬼怒川線 約27分)

本家萬久旅館前(日光交通バス 約27分)

平家の里メイン会場(徒歩 約15分)

※ちなみに日光交通バスの時刻表です↓↓
busStop

各路線を経由しての旅路とになりますが、周りの雪景色を見渡しているうちに、気付いたら現地到着!という具合で案外あっという間かもしれませんね。

また、1月23日~3月6日の土日祝日であれば、湯西川温泉駅からお一人様200円で現地まで「湯西川温泉循環シャトルバス」が出ていますので、タイミング次第ではこちらの方が断然オススメです。

この時期は頻繁に降雪日が続くので、車道も除雪仕切れていない場合がある為、もし車で来られる方はスタッドレスタイヤかチェーンは必須です。

湯西川温泉かまくら祭り2016の混雑状況

【電車→バス→徒歩】の経路か【車で現地直行】かで、それぞれ利点は違ってきますが車(バスもそうですが)で避けて通れないのは、やはり渋滞ですね。

特に湯西川温泉駅から現地までは一本道。雪も相まって、かなり車幅は狭くなり毎年混雑は避けて通れないのが伺えます。

車で来られる方は、運転には細心の注意が必要になりますね。

日帰りでなければ、ホテルで一度チェックイン後に車をホテルに駐車し、バスorシャトルバスを利用するというパターンもあります。

土日祝日は平日と比較し朝から混雑が予想されますので、状況を鑑みながらご自身のプランに合わせていくのが定石でしょう。

湯西川温泉かまくら祭り2016の現地のレンタル品や服装

雪とは縁のない環境育ちだったり、初めての雪の中でのレジャーという場合、服装一つにしても普段以上の防寒グッズなど「準備が大変~」って方もいらっしゃるのでは?

それに、スノーグッズは何だかんだ馬鹿にならないコスト。

なのでもし、旅支度でグダっとなる方は事前予約で現地レンタル可能なので利用するのも一つかと。

<レンタルアイテム>
※但し、レンタル数に限りあり!
■ブーツ(500円)
snow02
■グローブ(500円)
grove
■ウェア上下(1,500円)
10pスノーシュー47ミス_R
(ゴーグル・帽子はレンタルしておりません)

サイズは子供から大人用までありますので、「サイズが合わない!」なんてことはないでしょう。

それと、ブーツを履いていても濡れない保障はないので、念のためソックスの替えは用意しておいた方が良いでしょう。

事前予約お申込先はこちら↓↓
※現地専用番号:080-6678-1117 (受付時間 AM9:00~PM17:00)

湯西川温泉かまくら祭り2016の各種イベント

かまくら祭りではライトアップ以外にも様々イベントが用意されいて、ざっと挙げるとこのようなバリエーションとなります。

■バーベキュー:平家の里(メイン会場)
→かまくら内での炭火をおこして食べる串焼きは格別!他に「あげまんじゅう」や「どぶろく」もおすすめです。
事前予約お申込先:0288-98-7005
kamakura_bbq02

■スノーシュー体験:沢口会場(アウトドア会場)
→日本で言う「かんじき」を履いて、雪山もスイスイ登れちゃう不思議体験!
SONY DSC

■スノーラフティング体験:沢口会場(アウトドア会場)
→スノーモービルに牽引され、5分間雪道のコースを疾走できちゃいます!
azeman_DSC5462_

■ちびっ子そり滑り体験:沢口会場(アウトドア会場)
→小さいお子様でも安心。はじめてのそり滑りで大興奮間違いなし!
sori

■スノーパーク:湯西川水の郷
→ながーい雪の滑り台があったり、かまくら・雪だるまを作ったり、家族で夢中になれる雪遊びの郷!
snowpark

■こたつ入りかまくら:雪のぼんぼりと雪だるま街道
→かまくら内でヌクヌクしながら無料サービスの甘酒を一杯!
kotatsu

イベント盛り沢山で、老若男女分け隔てなく楽しめちゃいますね~。

バーべキュー(昼食)前後で各種体験を楽しんで、夜のライトアップまで大いに遊んでおきましょう!

ライトアップのおすすめ場所

夕方までたっぷり遊んだ後は、いよいよお待ちかねの『かまくら祭りライトアップ』。

栃木ではナンバーワンと言われるイルミネーションスポットで、高さ40cmのミニかまくらに灯火が入れられ、その壮大な光景に魅了されること必至。

ライトアップは主に2箇所から見れるので、改めて場所の確認をしておきましょうね!

沢口河川敷

sawaguchikasenjiki
スノーアトラクションを行う会場で、ライトアップもそのまま移動いらずで見れちゃいます。

夜なので凍てつくような寒さになりますが、1000個のミニかまくらの優しい光に時間も忘れうっとりしちゃいます。

平家の里メイン会場

heike light
昼は目玉イベントかまくらバーベキューもでき、今年のメイン会場となりました。

本会場では200個ミニかまくらがライトアップされ、夜でもかまくら内に入り非日常的な体験を楽しめます。

まとめ

いろいろ楽しいイベントは盛りだくさんですが、とにかく寒い!
1にも2にも防寒はしっかりして、コンディションを崩さないように気をつけましょう。

また、事前予約お申込は早めに済ませて、当日のプランをゆっくり立てて思いっきり楽しみましょう!

関連記事

  1. イベント(冬)

    東京タワーイルミネーション2018クリスマスデートの混雑状況は?

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  2. イベント(冬)

    北野天満宮の梅開花状況2017は?混雑回避はライトアップ時間?

    2月になると梅の花がほっこり顔を出し、春の訪れを感じさせてくれますね。…

  3. イベント(冬)

    渋谷「青の洞窟」のクリスマスの混雑とおすすめディナー店を紹介

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  4. イベント(冬)

    東京ミチテラス2018のクリスマスおすすめデートプランと混雑は?

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  5. イベント(冬)

    お台場クリスマスイルミネーション2018のデートプランと混雑は?

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

  6. イベント(冬)

    クリスマス・丸の内イルミネーション2018のおすすめデートプラン

    クリスマスデートといえば、デートコースに必ず含まれてる【イルミネーショ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. こどもの日

    こどもの日の由来は?子供向けの教え方を分かり易く紹介!
  2. イベント

    イナズマロックフェス2018のおすすめの服装コーデと持ち物を紹介
  3. イベント(冬)

    お台場クリスマスイルミネーション2018のデートプランと混雑は?
  4. ひな祭り

    鴻巣びっくりひな祭り2017の開催期間とおすすめランチ・お土産
  5. イベント

    九州一花火大会2018の見どころとおすすめホテルや渋滞情報を紹介
PAGE TOP